自然経過に任せる形【頚椎椎間板ヘルニアの治療方法】

3人の医師

長年かかる頚椎への負担

医療

頚椎椎間板ヘルニアは、老化が原因であることが多く、一度治っても再発する可能性があります。再発を防ぐには、筋力をつけたり、カルシウムなどの栄養を摂取しましょう。主な治療法として、牽引や鎮痛剤が用いられます。

特徴と変化のさせ方

看護師

牽引治療を頚椎椎間板ヘルニアに対しては行なっていきます。X線撮影や骨髄造形など様々な検査を経て行われますが、通院にて治療は進めていくため、負担なく、かつ短時間で効果が期待出来ます。

名医を見つけましょう

ナース

頚椎椎間板ヘルニアになってしまうと、日常生活に大きな支障をきたしてしまう事もあります。ですから、早急に治療をする事がとても重要なのです。色々な名医もいますから、インターネットを利用して色々と検索をしてみましょう。

首の負担が要因のヘルニア

待合室

首ヘルニアの発生要因

一般的に椎間板ヘルニアと言う単語を聞くと、腰の部分の痛みによるヘルニアを想像しがちだが、首周りでもヘルニアが起きることがある。こうした首の骨「頚椎」の骨が変形して、頸椎の間の椎間板が飛び出したことなどにより体が痛みを感じる病気を、頚椎椎間板ヘルニアと呼ばれる。この頚椎椎間板ヘルニアの原因は人それぞれだが、デスクワークでパソコンなどを操作する際に、悪い姿勢の状態のまま首を下に曲げて作業することが多い状況や、車の運転で首を長い間動かさないといった緊張状態が続く場合が主に挙げられる。また重労働やアメフト、ラグビーなどの激しいスポーツにおいて、頚部を圧迫してしまうことが多い場面では、頸椎に大きな負担をかけることになることから、発症する場合が多い。

首のヘルニアの療法

頚椎椎間板ヘルニアの程度や発症する部位は、人によって異なるためさまざまな治療法が考えられる。この治療法として、しびれや痛みなどの感覚障害のみの場合は、原則的に自然経過に任せる形の保存的療法と呼ばれる方法が主となる。また頚椎椎間板ヘルニアの状況下では、そのままでは神経を圧迫するため、首を専用の器具で上に引っ張るなどの治療法を用いる。軽度の場合は、こうした保存的療法により改善が図られるが、運動麻痺などの重篤な患者の場合、痛みの改善が見られない場合やさらなる悪化が進むこともある。そのときは、場合によっては外科的治療に入る。全身麻酔をした上で皮膚を切開し、頸椎の骨を削る、別な部分から移植するなどといった大がかりな手術が進められることになる。